<北設広域事務組合>のホームページ
トップへ 組合概要 環境衛生 介護保険 入札情報 北設情報
介護サービスを受けるまで

  寝たきりや、認知症で常に介護が必要になってしまったときや、家事、身支度など日常生活で支援が必要になったときは、要介護認定を受ける必要があります。手続きは次のように進んでいきます。
  サービスを受けることによって体の状態をよくし、介護度が軽くなるように上手にサービスを利用してください。

家庭
本人または家族からの申請

要介護認定を受けるためには、まず町村の役場担当窓口(下記参照)に申請してください。

家族のイラスト
↓
役場
訪問調査

要介護認定申請をすると、町村の職員、あるいは介護支援専門員(ケアマネージャー)が訪問し、心身の状態などを調査します。訪問調査には概況調査と基本調査(79項目)、特記事項があります。現在の状態や、日常生活でどの程度できるのか確認するもので、本人に必要なサービスの度合いを判断する重要なものです。調査員の質問で分からないことがあったときは説明を受けてください。

主治医意見書

同時に主治医に現在の身体または精神上の原因である疾病または負傷の状況について意見を求めます。

パソコンのイラスト
一次判定

訪問調査の結果と主治医意見書の内容をコンピュータに入力し判定を行います。

↓
北設広域事務組合
介護認定審査会(二次判定)

コンピュータによる一次判定結果と主治医意見書、特記事項をもとに、要介護状態、要支援状態に該当するかどうか審査し、要介護状態であるときには介護の必要の程度に応じ区分(要介護1〜5)を判定します。→過去1年間の審査結果

二次判定結果を町村へ連絡します。

審査会のようすのイラスト
↓
役場
被保険者証の発行

二次判定の結果と介護保険被保険者証を交付します。介護保険被保険者証は、介護サービスを利用するときに必要となりますので大切に保管してください。

↓
介護サービス提供機関
ケアプランの作成(介護サービス計画)

要支援状態、要介護状態と認定されると、介護サービスが利用できます。どのようなサービスを利用したいのかケアマネージャーに相談し計画をたててもらいます。→管内の介護サービス事業者

介護サービスのイラスト
サービスの利用

介護サービスは利用者負担があります。自分の受けるサービスはいったいどのくらいの負担になるか確認する必要があります。

自立(非該当)と判定をうけた場合は介護サービスを利用することはできませんが、町村独自の介護保険以外のサービスを受けることができる場合があります。詳しくは町村担当窓口へ問い合わせてください。

審査・申請に関するお問い合わせは、各町村役場担当課へお願いいたします。
設楽町役場町民課TEL0536−62−0511インフォメーション
東栄町役場住民課TEL0536−76−0503
豊根村役場住民課TEL0536−85−1311
戻る
-------------------
HOME › 介護認定審査事業トップ › 認定審査会のながれ