<北設広域事務組合>のホームページ
トップへ 組合概要 環境衛生 介護保険 入札情報 北設情報
1次・2次処理工程
前の工程 処理の流れへ戻る 次の工程

1次・2次処理工程
1次・2次処理工程は、有機物と窒素化合物のほとんどを除去する最も重要な工程で、希釈水を使用しない高負荷脱窒素処理法を導入しています。第一反応槽で有機物の98%以上、T−N(総窒素)の90%以上を除去し、第一曝気槽で未硝化のNH−N(アンモニア性窒素)の硝化を行い、第二反応槽で脱窒を行います。さらに、第二曝気槽では残存する有機物の酸化分解と同時に、活性汚泥に付着している窒素ガスや炭酸ガスの脱気を行い汚泥分離槽での固液分離を容易にしています。なお、沈殿槽では凝集剤を添加して、汚泥分離槽で除去しきれなかった微細な浮遊物質を沈殿分離します。
 
循環ポンプ
 
ブロワ設備
 
第一反応槽上部
循環ポンプ ブロワ設備 第一反応槽上部

HOME › 環境衛生トップ › 松戸クリーンセンター › 処理のながれ › 1次・2次処理工程